注文住宅を建てる際の業者とトラブルにならない方法

あこがれの注文住宅!業者トラブルを避ける方法

>

注文住宅を選ぶときに注意しなくてはいけない業者とのトラブル

業者に注文住宅を依頼するときは注意して

注文住宅を依頼するときはしっかりと計画と予算を見直し、何回もシュミレーションを行なう必要が事前にあります。
ここの時点で妥協してしまうと施工してから理想と現実のずれがどんどん出始め、けっこう大変な眼にあうことが多いです。
ですので事前の計画のときからしっかりとした見直しを行い、現実とのギャップがすごしでも埋まるようにしていかなくてはいけません。
そして注文住宅なのですでに外観は用意されたものになっていることが多いのでそこもしっかり見ておかなくてはいけません。
この時点で重要なのは間取りや内容に注文が付けられるのかどうか、また各箇所の変更は可能かなどを事前に確認しておくことが大事です。
何事も脚光前の打ち合わせが重要になります。

工事も立会いの上確認しながら進めてもらう

また工事の着工に入ってからも漠然と見守るだけではなく工事の現場に何回も足を運び、立会いを行なってしっかり進めてもらうということが必要になってきます。
自分の計画とずれているところは無いか、また新たに必要になった部分は無いかなどを確認するには工事の立会いはとても重要です。
工事の進捗状況を確認したり自分の理想にどれだけ近いかを見る意味では着工したらまかせっきりというのは少々問題があると考えます。
こういった行動をしっかり行なうことが業者とのトラブルを防ぐ大事な用件になってきますので注意が必要です。
実際、注文住宅では依頼した内容と違ったとか、予算の面や追加工事の見積もりでトラブルが起きたといった例は良く聞かれます。